くらしと環境の建設フェア

フロン破壊
フロン類破壊業許可
フロン破壊装置について
フロン破壊装置の納入実績
お問い合わせ
フロン再生
フロン再生業許可
フロン再生装置について
お問い合わせ
特殊ガス処理
特殊ガス処理受付検索
処理方法
処理可能地域
過熱蒸気反応装置とは
処理装置レンタル
お問い合わせ
ダイオキシン無害化
対象汚染物質
お問い合わせ
パンフレットダウンロード

大旺新洋株式会社サイトへ

大旺新洋株式会社 土木事業本部環境事業部の研究開発成果

ダイオキシン無害化・土壌汚染浄化

これまでは社会的な背景として、ダイオキシン類・ポリ塩化ビフェニル(以下、PCB)に汚染された土壌の浄化には費用がかかり、処理が進んでいませんでした。溶融処理はあまりにもコストが高く、溶媒などを用いる化学的な処理方法も同様にコストの面で問題がありました。その一方で、PCBに汚染された土壌などは、国際公約もあって処理の必要性は高まっています。
大旺新洋のSoILSolution of Infected Land)テクノロジーでは、汚染土壌(ダイオキシン類・PCB類)を過熱蒸気を用いて浄化・分離し、さらに高温の過熱蒸気により瞬時に分解・無害化します。

土壌汚染浄化対象物質の一覧はこちら>>

スーパースチーム工法

大旺新洋のダイオキシン類・PCB分解法は、過熱蒸気雰囲気下(500℃~600℃)でダイオキシン類汚染度からダイオキシン類をガス化させるとともに、過熱蒸気でダイオキシン類の分解無害化を行う処理方法です。
ガス化装置で揮発させたダイオキシン類を含む難分解物質を反応器に導き、過熱蒸気雰囲気下(還元性雰囲気下、900℃)でガス化するとともに、加水分解、熱分解を主反応とする分解を行います。続いて、後処理器へと導き、空気などの酸素源を供給することで、Co2、H2O、HClまで加水酸化分解します。なお、HClは液分離タンク(バブルリングタンク)においてCa(OH)2で中和し、CaCl2となります。

優れた汚染土壌浄化技術を低価格で

大旺新洋のSoILテクノロジーでは、シンプルな設備とコンパクトな装置を設置するだけなので、建屋建設費用を含んでも汚染土壌の処理コストが安価でご提供できます。

汚染土壌浄化実績

神戸市発注の「新和田岬ポンプ場ダイオキシン類無害化処理業務」を受注し、1,000kg/h装置2基を使用して約10,000m3のダイオキシン類汚染底質を無害化処理完了しました。