くらしと環境の建設フェア

フロン破壊
フロン類破壊業許可
フロン破壊装置について
フロン破壊装置の納入実績
お問い合わせ
フロン再生
フロン再生業許可
フロン再生装置について
お問い合わせ
特殊ガス処理
特殊ガス処理受付検索
処理方法
処理可能地域
過熱蒸気反応装置とは
お問い合わせ

大旺新洋株式会社サイトへ

大旺新洋株式会社 土木事業本部環境事業部の研究開発成果

フロン破壊装置について


過熱蒸気反応法によるフロン破壊

フロン分解装置主要諸元

フロン分解方式 過熱蒸気反応法
フロン処理量 10kg/h(注1)
フロン分解率 99.9%以上 または
排気ガスにおいて15ppm以下
供給電源 AC3Φ 200V
圧力 常圧
常用温度 1000℃以下
ガス洗浄方式 Ca(OH)2による中和方式(注2)
電気設備容量 50KW
運転時消費電力 約30KW

分解対象ガス

  • CFC-11
  • CFC-12
  • CFC-114
  • CFC-115
  • HCFC-22
  • HFC-134a
  • 混合フロン
  • R-502
  • R-407C 等

フロン以外の処理対象物質

  • SF6 ハロン
  • トリクロロエタン 等

注1:フロンの種類によって処理量が変わることがあります。
注2:中和完了後の残渣は残渣タンクへの移送までで、その後の処理は含まれていません。

フロン分解システムフロー図

当社のフロン破壊システムは、フロンと過熱蒸気と空気を高温の反応器へ吹き込み分解させる「過熱蒸気反応法」(熱源はすべて電気です)を使用し、きわめてシンプルな構造で優れた分解能力(99.9%以上)を発揮します。
また、設備は究極的に縮小されたプラントのイメージ通り、省スペ―スで操作性を追求し、安全に考慮しました。